酸欠!

移動式にするため、小さく作りすぎたのか?
シンプルにと、煙突も付けなかったからか?

空気を送り続けないと、
奥の方の炭の火が消えてしまいます。

IMGP5784.jpg

ので・・・その酸欠対策と、
少しでも架台へ熱が伝わりにくくなるように
底を二重にして、空気の通り道を作ったらど~かな?

と思ったんですが・・・はて?

焦げ付いたときなどには
取り外して、掃除も楽に出来るし・・・いいかも(^_^)v

あわせて、蓋も形状を修正!

IMGP5802.jpg

一応、完成ですが・・・

IMGP5805.jpg

火を入れてみないと、なんとも言えません・・・

只今、コンクリート乾燥中(^^♪

外見は、ど~しよっかな?

タイルでも貼ってみたい気もするけど
かなり熱くなるから、すぐに剥がれちゃうだろうし・・・

このままでも・・・いいかな(^_^;)
 

この記事へのコメント

  • ちゃり

    着々と井戸掘りを行っています。
    砂地のため、ぐんぐん掘れます!
    水は出ているようなのですが、水位はどのように確認すればいいでしょうか?

    そして、ポンプはこんなのを見つけましたがどうでしょうか?
    http://item.rakuten.co.jp/auc-tsujimura/pump-26/
    2011年05月18日 11:44
  • すがかず

    がんばってますね!

    水位は、少し放置して安定してから、
    細紐に何か重りになるものを縛りつけて垂らし、
    水面に到達した位置にマーク!
    さらに沈めて底に着いたところでマークすれば計れます。

    ポンプ、良いんじゃないでしょうか。
    32サイズですから、ウチのより少し小さめですが・・・値段、魅力ですね~っ(^^♪
    2011年05月18日 12:06